Work The Dial - 511V41's diary

<–– Back

バソ

僕は蕎麦はもり(もしくはざる)に始まって花巻に終わると思っている。

特に並木藪蕎麦である。ざるの辛い汁がなんとも形容しがたい美味さなのだ。更に花巻は海苔の香りが素晴らしく、とても美味しい。ただ、値段に対して量が少ないというデメリットがある。なので行く場合はざるを2枚と花巻を1杯食べるというのが個人的な定番なのだ。しかしこれをやると合計金額が2600円になってしまう。たまの贅沢という奴だ。

ところで、花巻と言えば神田まつやである。ここの花巻はワサビが添えられている。ちょっと珍しいと思う。もちろん美味しい。

さて、今日は神田まつやの吉祥寺店に行ってきたのだが、なんと本店と違って花巻がメニューに存在しないのであった。

そこで店員のおばさんに「花巻ってないんですか?」と聞いたところ「花…巻……?」というような反応が返ってきたので大層驚いた。

仕方ないのでもりそばを注文したのだが、やっぱり並木藪蕎麦と比べちゃうと見劣りしてしまうんですねえ。とはいえ十分美味しい。

個人的に他で良い店を挙げるとするならば稲荷町のそば助と砂場も美味しい。オススメです。

あとは東銀座にあった木挽町砂場も良かったのだが、いつの間にか閉店してしまっていて悲しくなった。

終わり